my日本を作ったきっかけ

もともと私が若い頃は、特に政治には興味を持っておりませんでした。
非核や自衛隊については
「なにか変だな」と漠然とした違和感を感じておりましたが、
占領教育にどっぷりとはまっていましたので、
戦争は「日本の行き過ぎた軍部が暴走して起こしたもので、
日本人は牙を抜かれているが仕方ない」などと思っておりました。
また仕事においても、お付き合いで「励ます会」や会議などで
議員さんとお知り合いになることはありましたが、
年賀状のやり取りくらいなもので、政治に関する興味は
ほとんど持っておりませんでした。

私が気付いたきっかけは主に「2ちゃんねるのウォンを看取るスレ」と
ニコニコの「ハルヒ虎」さんの動画でした。
それからは色々な文献やサイトを調べていく日々が続きました。

そんな中、度重なる酒の付き合いや不摂生がもとで「痛風」になりました。
治療を続けておりましたが、もともとお酒が好きだったものですから、
あまり症状は改善しませんでした。
そんなとき、ある人のきっかけで、「高島嘉右衛門」という人の本を
読むことを勧められました。
高島嘉右衛門という人は「高島易断」の創始者でした。
(横浜の高島町を作ったのもこの人らしい)
その本の中の出来事で、高島嘉右衛門はもともとからだが弱かったので、
父親から、100日間、徒歩で銀座から浅草寺までお参りにいくように言われ、
通ったところいろいろな発見があったというくだりを読み、
そういうのもいいなと思い、100日間どこかに行ってみようかと。
痛風を直すにもちょうど良い機会だと。
どうせ行くなら靖国神社が面白いかもと思い、
100日間靖国に行き、断酒することにしました。

靖国神社は行けば行くほど奥深いところです。
鳥居にしても誰が寄付したものだとか、この桜は何だとか、
銅像の意味、優就館や相撲場、池、能、茶室、みたま祭り、例大祭、
花やすみれの展示、一年中見所満載。
さらにディテールを見ていくと(これは靖国だけでなく
日本の歴史的建造物の多くにいえるのでしょうけれども)
ひとつひとつに昔から伝わるエッセンスが含まれています。
知っても知っても追いつかない程、深遠な日本文化に驚きます。
(これは今でも変わりません)
そして、今の日本が既に多くのものを失っていることにも気付きます。
通っていると、いいものは残したいなぁと。思うわけです。
そのとき、ちょうどニコニコで私が好きだった
「今日のウォン」の前うp主の更新が途絶え途絶えになっていました。
どうせ100日間お酒をやめるのであれば、動画をうpするのもいいかなと
思い、「今日のウォン」をうpし続けました。
動画を見ることで、気づく人が出ればいいと思い、毎日毎日うpしました。
私のアカウントから政治カテゴリに上げるとランキングに載らないなどという
謎の仕様とも戦いながら、毎日毎日うpしていました。
その結果ウォンは人気シリーズとなりましたが、
日が経ち、お酒が再開しw、選挙戦が激しさを増す中で、
ウォン動画をあげるのが難しくなりました。

選挙の結果は大敗。恐ろしいことになると思いました。
ただ、今は我慢の時期かもしれないけれど、あと10年や20年は大丈夫だろうから、
次の選挙までには民意が戻っているといいなと思っていました。

しかし現実はずっと酷いことに。

外国人参政権、夫婦別姓、人権擁護法案、移民1000万人、
沖縄ビジョン、東アジア共同体、子供手当、事業仕分け、日教組、、、
ものすごいスピードで壊されていく日本。
これは、それぞれが今までのやり方でやっていたのでは間に合わない。
スピードが足りない。
なんとか早く多くの人に知らせなくては、
本当に日本が終了してしまうと思いました。

my日本の目的は
「日本を壊そうとする人がいることを、できるだけ早く、多くの日本人に知らせること」。
皆で力を合わせ、出来るだけ情報を拡散し、人数を集めていきましょう。
「小異を捨てて大同につくべし」
今は私たちが内輪で揉めているときではありません。
○○だからダメだと他人を批判するのではなく、
自分の出来ることを探していきましょう。
Comments